大人(成人)と子供(小児)の矯正歯科治療

ご案内ページ

大人と子供の矯正

大人の矯正(成人矯正)と子供の矯正(小児矯正)についてご説明します。

岡山市の歯医者で大人と子供の矯正歯科治療

大人の矯正治療

大人の矯正治療/なかの歯科(岡山市北区)

大人の矯正治療(成人矯正)は 歯の成長が終了しており、歯肉が健康であれば、いつでも治療を開始できます。
ただし、子供のように歯の生え変わりや成長を利用した矯正治療はできませんし、年齢が高くなるほど歯の動きが悪くなるので治療期間は長くなります。

大人の方は人の目が気になり矯正装置を付けている姿を見られたくない方が多くいます。当院ではこの悩みを解消できるよう目立たない矯正(インビザライン、インコグニート、白いブラケット・白いワイヤーの審美矯正など)に力を入れています。ご希望などあればお気軽にご相談ください。

治療期間の目安

  • 全体矯正

    歯全体を矯正する場合は「約1年半~2年半」。

  • 一部矯正

    歯の一部を矯正する場合は「約3ヶ月~1年」。

  • 重度の受け口、出っ歯、顔の歪みなどがあり、顔の外科的治療が必要な場合は歯の成長が完全に終わってからの矯正治療になります。
  • 症状によっては治療できないことがあります。
  • お口の状態によって治療期間は変動します。
  • 年齢が上がるにつれて治療期間は長くなる傾向にあります。
  • 治療後の整った歯並びを、長期的に安定させる為の処置が必要になります。
  • 治療終了後も症状や年齢に応じた通院期間がかかります。

子供の矯正治療

子供の矯正治療(小児矯正)は開始時期がとても重要になるので、できるだけ早く専門医に診てもらいましょう。 また、当院では成長期のお子様を対象にした顎顔面矯正治療もございます。不正咬合を正して健康なお口と身体づくりをお考えの親御さまはご相談ください。

年齢別の矯正治療

子供の矯正治療/なかの歯科(岡山市北区)
  • 3才前:乳歯の歯並びの完成前

    この年齢で矯正治療を開始することはありません。
    この時期は歯並びが悪くなる習慣や癖(指しゃぶり、長期に渡るおしゃぶりの常用、下顎を前や左右にずらして噛む行為など)に注意してください。

  • 3~5才:乳歯の歯並びが完成する時期

    この年齢で矯正治療を開始することは稀で、お口に問題があっても治療開始時期を決めたうえで経過観察するケースが多いと言えます。
    もし、お子様が指しゃぶりを続けている場合は骨の変形や上前歯の前方突出、下前歯がデコボコになる可能性がありますので防止装置を勧めることがあります。 また、下顎を左右にずらして噛む癖は顔の変形につながるので、乳歯の一部を削ったり、狭くなっている歯並びを拡げることもあります。

  • 6~8才:前歯が生え変わる時期

    歯並びが軽度のデコボコになっている場合は、前歯が並ぶように乳歯を削ったり、歯並びを拡げたりしてデコボコや八重歯になるのを予防します。乳歯の時期に前歯が綺麗に並んでいても、後から生えてくる永久歯が大きいと歯の隙間が足りずにデコボコや八重歯になる可能性があります。
    受け口が軽度の場合は、前歯の生え変わりを利用して短期改善できる可能性があるので、この時期から上の前歯を前方に出す治療をします。 受け口が中等度(上顎が小さい、下顎が大きい)の場合は、永久歯になってから本格的な矯正治療を開始します。ただし、前準備となる治療を開始することもあります。

  • 9~11才:横の歯が生え変わる時期

    歯並びのデコボコが中等度の場合、歯並びを拡げる矯正治療を開始します。
    軽度・中等度の出っ歯(上顎が出ている、下顎が小さい)の場合は、下顎の成長を促がしながら顎の大きさを整え、横の歯の生え変わりを利用しながら出っ歯と噛み合わせを改善する治療をします。
    また、永久歯になってから本格的な治療をする予定であっても、前準備としての治療を開始することがあります。

  • 12~17才:永久歯の噛み合わせが完成する時期

    歯のデコボコが重度の場合、全ての歯を無理に並べようとすると顎骨に収まらず噛み合わせが崩れたり、口元が膨らんだりしてしまう可能性があります。そのような場合には歯の数を減らすなどの治療を進めます。
    また、出っ歯、受け口、その他の症状の場合は、歯の生え変わりや成長の力を利用した矯正治療をします。今すぐに治療する必要が無い場合は、もう少し年月が経ってから治療を開始します。

治療期間の目安

  • 全体矯正

    乳歯や歯の生え変わり時期(6~12才くらい)は「約1~3年」。
    永久歯になってからの時期(12才~成人にかけて)だと「約1年半~2年半」。

  • 一部矯正

    歯の一部を矯正する場合は「約3ヶ月~1年」。

  • 歯の生え変わりが完了し、健全な永久歯になっていることを確認する必要があります。
  • 骨格性の問題がある場合は、治療を2期(歯の生え変わり時期と永久歯になってから)に分けることがあります。
  • 症状によっては治療できないことがあります。
  • お口の状態によって治療期間は変動します。
  • 年齢が上がるにつれて治療期間は長くなる傾向にあります。
  • 治療後の整った歯並びを、長期的に安定させる為の処置が必要になります。
  • 治療終了後も症状や年齢に応じた通院期間がかかります。
矯正歯科 初診予約
上段に戻る
矯正歯科 無料相談
初診予約(矯正歯科) 無料相談(矯正歯科)